So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

田端さんご夫婦の展覧会と出版のご案内

スキャン.jpeg スキャン 2.jpeg
 中高年の「元気が出るページ」が、ホームページの時に海外体験記を連載して頂いた田端克敏・道子さんの書と絵の展示会。私たち家族は、初日に伺いましたが素晴らしい展示会でした。期日が短いのでお見逃しないようにお急ぎ下さい。
その上、体験記の一部をついに出版されました。
スキャン 3.jpeg
(序文)
スキャン 4.jpeg
             
四六判94ページ 定価(本体価格¥1,500+税)                 発行・発売元/(株)三恵社 愛知県名古屋市北区中丸町2−24−1          電話052−915−5211 FAX052−915−5019

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

中高年の「元気が出るページ」5月号                         ①うにのおうちごはん歳時記第20回 新茶 山田うに                ②安曇野発 信州都市めぐり(11) 松本市 加藤雅博                 ③第196回シネマトーク【ジェームズ・アイヴォリーの老練な脚色】 西島雄造  

(((196回 シネマトーク))))


【ジェームズ・アイヴォリーの老練な脚色】


西島 雄造


1「君の名前で僕を呼んで」3.jpg
君の名前で僕を呼んで

 ミラノに近い北イタリアの美しい避暑地で描かれる『君の名前で僕を呼んで』(ルカ・グァダニーノ監督)。美術や考古学に通じた大学教授の父親(マイケル・スタールバーグ)、翻訳を仕事にしている美しい母親アネラ(アミラ・カサ―ル)。家族と別荘で夏を過ごしていたエリオ(ティモシー・シャラメ)は、ピアノを弾けばギターも爪弾く感受性の強い青年だ。或る日、父親のもとで学んでいる大学院生のオリヴァー(アーミー・ハマー)が、アメリカからやってきた。着くなり疲れたとエリオのベッドで深い眠りに溶け込む。
 そして夏の日々が始まる。浴室をはさんで行き来できる二人の寝室。日常の時間を過ごしながらも、わずかなところで心を模索し合う二人。居間での日々は知的だ。イタリア、フランス、英語が飛び交いながら、考古学について語り合い、アネラは16世紀のフランスを代表する短編小説、マルグリット・ナヴァルの<エプタメロン=七日物語>を読み聞かせたりもする。王女への愛を告白すべきかどうか悩む騎士の心の綾は官能的でもあった。
 まるで小説に触発されたように、エリオは心の内をオリヴァーにほのめかし、同じ思いが返ってくる。次第に深まる二人の絆。昼下がりのベッドに横たわったエリオが、熟した桃の果実の中に射精したところへオリヴァーがやってきて、二人はさらに深く結ばれる。やがて夏が終わりになり、オリヴァーとの別れ。ゲイ、あるいはホモセクシュアルの話として語るのはたやすいが、そうした言葉を超越した人と人との心の行き交いは感動をもたらす。理詰めで知的な会話の行間にあふれる官能にゆだねるのもよかろう。原作はエジプトのアレキサンドリア生まれで、ニューヨークのエリート大学で教鞭をとるアンドレ・アシマン。ゲイ小説として評価されているが、妻と3人の子に恵まれた1951年生まれ。
 ジェームズ・アイヴォリーほどふさわしい脚色者を探しても、ほかに見当たらないだろう。終章、父親が息子に語る言葉は、アイヴォリーがたどってきた人生とも重なって胸に響き、ことしのアカデミー脚色賞となった。脚色賞受賞のほか作品賞とティモシー・シャラメが主演男優賞にノミネートされている。イタリア・ロンバルディア地方、ガルダ湖周辺の風景がみずみずしい。ルカ・グァダニーノ監督の次回作は、やはり同じロンバルディアを舞台にクロエ・グレース・モレッツ主演でミステリー『Suspiria』が予定されている。
2「ボストンストロング ダメな僕だから英雄になれた」.jpg

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた

 『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』(デヴィッド・ゴードン・グリーン監督)は、ボストンマラソンに仕掛けられたテロを扱っている。2013年4月15日、月曜日。マラソンの選手がゴールインしているとき、街の中心にあるコプリー広場で2度の爆発が起こった。周辺にいた5人が死亡し、299人が負傷、少なくとも10人が手足を切断されたと記録されている。圧力鍋に釘や金属片を仕込んだ即席爆弾によるものというのは、あとでわかったこと。
 ジェフ・ボーマンは28歳、会員制の格安マートで働いていた。付き合っていた女性がマラソンに出場したので、ゴール付近で声援しようと待ち構えてテロに巻き込まれた。病院に運ばれ手術を受けたが両足を切断…というのが前段。義足を付けるための苦闘が始まるのだが、それでは終わらない。犯人の風貌を記憶しているとFBI=連邦捜査局の捜査に協力。タメルラン・ツァルナエフ(死亡)とジョハルのチェチェン人兄弟が、犯人として挙がった。ジェフは一躍ヒーローになり、フェンウェイ・パーク球場でのレッドソックスの野球試合で、始球式にまで登場した。
 実在のジェフ・ボーマンは1986年生まれ、体験したことを著述し映画のもとになった。ピーター・バーグ監督、マーク・ウォルバーグ主演でテロ犯を追い詰めてゆく『パトリオット・デイ』(2016)のいわば裏の話だ。ボストンでは毎年4月の第三月曜日を《愛国者の日》と定めて休日にしている。野球のレッドソックスやアイスホッケーのブルーインズに対する熱烈な応援ぶりでもわかるように、強い地元愛に支えられた街だ。それだけにジェフを英雄視する気持ちもひとかたではない。ガールフレンドのエリン(タチアナ・マスラニ―)との気持ちの行き来も織り交ぜながら、ジェフの家族の描写が秀逸だ。演じるギレンホールは眼に力があるだけに、負傷した後の感情の表現に見るべきものがある。
3「女は二度決断する」.jpg

女は二度決断する

 『女は二度決断する』は《目には目を》を地で行く復讐の物語である。ドイツ北部の港湾都市ハンブルクで暮らすカティヤ(ダイアン・クルーガー)は、トルコから移民してきたヌーリ(ヌーマン・エイカー)と息子の3人で暮らしている。ある日、息子を事務所で仕事中の夫に預け、女友だちとサウナでひと時を過ごした。戻って見ると事務所は爆弾テロに破壊され、夫と息子は息絶えていた。
 新しい自転車の荷台に箱を載せた若い女をカティヤが目撃。証言からネオナチの女とスキンヘッドの男が逮捕され法廷の場面になる。だが二人のアリバイがギリシャでホテルを営む男に証言され<疑わしきは罰せず>の原則に従い判決は無罪。被告の二人は解放され、ギリシャでのバカンスを楽しんでいた。愛するものを失った悲しみをまといながら、カティヤの復讐劇が始まる。
 監督のファティ・アキンはトルコ移民の両親のもとで育った。36歳のとき『愛より強く』(2004)でベルリン国際映画祭・銀熊賞、次いで『そして、私たちは愛に帰る』(07)でカンヌ国際映画祭・最優秀脚本賞、『ソウル・キッチン』(09)はベネチア国際映画祭で審査員特別賞受賞と、早くから才能を評価されてきた。今作の脚本も自身で書いている。世界的に広がりを見せるネオナチ、トルコとギリシャの対立などを背景に現代が抱える問題を直視している。ドイツ出身で英・独・仏語に堪能なダイアン・クルーガーは、今作でことしのカンヌ国際映画祭の主演女優賞に選ばれた。バレリーナを志したこともある美しい容貌と肢体、悲しみにうちひしがれながら決然と復讐に立ち上がる母親の演技が見どころだ。
4「アンロック 陰謀のコード」2.jpg

アンロック 陰謀のコード

 『アンロック 陰謀のコード』もテロ絡みの話。アリス(ノオミ・ラパス)はロンドンの地区センターで、移民たちの就職の世話をしていた。かつては米CIA=中央情報局の欧州担当の捜査官として、テロリストにかかわる情報を収集していたが、パリのテロ事件の首謀者を尋問しながら事件を阻止できず、多くの死者を出したことがトラウマとなり、捜査官の仕事から足を洗っていた。
 或る日、CIAの上司だったロンドン支局のエリック(マイケル・ダグラス)から進行中の捜査への協力を言われる。敏腕なアリスの経歴を見込んでのことだ。事件は細菌テロにまつわるもので、病原菌を噴霧状にして放射する時限装置を、アメリカンフットボールが開催されている競技場のエレベーターに仕掛ける…。ロンドンを主舞台にCIAヨーロッパ部門長にジョン・マルコヴィッチ、元海兵隊の戦士にオーランド・ブルームらが事件を複雑にする。Unlock=漏らす秘密とは。98分という理想的な時間でてきぱきと目まぐるしく展開させるマイケル・アプテッド監督の演出は飽きさせない。ノオミ・ラパスの溌剌とした身体能力、デビューして約20年、41歳の男盛りになったオーランド・ブルームがいい。
10「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」.jpg

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

 主演のマーゴット・ロビーがアカデミー主演女優賞にノミネートされた『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(クレイグ・ギレスビー監督)。実在のトーニャ・ハーディングは1970年オレゴン州ポートランド出身。1991年の世界スケート選手権でトリプルアクセルに成功して優勝。このとき3位だったナンシー・ケリガンとのトラブルが表ざたになったのは、1994年のリレハンメル五輪選考会でのこと。練習を終えたナンシー・ケリガンが何者かに殴打されて膝を負傷し選考会を欠場する。<ナンシー・ケリガン事件>だ。2週間後、元夫のジェフ・ギールリーが逮捕された。トーニャものちに罪を認め3年の執行猶予付きながら、罰金16万ドルと500日間の奉仕活動の判決を受けている。
 貧しい家庭で育ち、母親に叱咤されながらスケーターとして成長したトーニャにまつわる実話が、ほぼ忠実に描かれている。トーニャはNHK杯にも出場している。引退後はプロのボクサー、総合格闘家に転身した。演じたマーゴット・ロビーはオーストラリア出身の美女。4か月にわたりアイススケートの猛特訓を受けたという。
5「マルクス・エンゲルス」.jpg

マルクス・エンゲルス

 マルクスとエンゲルスの名を、常識として知らないものは少ないだろうが、仏・独・ベルギー合作の『マルクス・エンゲルス』(ラウル・ペック監督)は、若い日のカール・ハインリッヒ・マルクス(1818-1883)とフリードリヒ・エンゲルス(1820-1895)の交遊、そして共産主義の成り立ちまでを描いている。東京・岩波ホールの創立50周年を記念して、4月28日から公開されている。
 哲学者にして経済学者、革命家ともいえるマルクスは、独モーゼルワインの発祥の地としても知られるモーゼル河畔の街トーリアで生まれた。幼いころから学業に秀で、1935年にボン大学、翌年にはベルリン大学に転校。1942年にケルンで創刊された日刊紙ライン新聞の編集者をつとめた。編集委員にはエンゲルスも加わり、旺盛な執筆活動を続けるが、言論断圧に遭って同紙は301号で廃刊になる。エンゲルスはマルクスの「国民経済学大綱」に共感。共著で「聖家族」も出版し、二人は生涯の友となる。
 英マンチェスターから起こった産業革命は、拡大再生産による利益と搾取の堂々巡りをもたらし、ブルジョアとプロレタリアの階級闘争という構図を描かせる。ソ連ではマルクス・レーニン主義、そして各国に登場する共産主義…と記すと小難しく見えるが、貧しいマルクスとマンチェスターの紡績工場の経営者を父に持ち、虐げられている労働者に関心を抱くエンゲルス、二人の青春時代の交遊から時代が描出される。
6「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」.jpg

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』(ショーン・ベイカー監督)は題名から想像がつかない。フロリダ・オーランドのディズニーランド周辺にある安モーテル。古びて観光客は遠のき、格安部屋に長逗留している者ばかり。貧乏人のシェルターだ。その一人ヘイリー(ブリア・ヴィネイト)は娘のムーニー(ブルックリン・キンバリー)とその日暮らしどころか、食べるものにもこと欠く日々を送っていた。部屋代と食費の算段に物乞いし、法に触れるようなこともしでかす。管理しているマネジャー・ボビー(ウィレム・デフォー)は厳しい仕事もするが、貧しい者たちへの優しい眼差しがある。母と娘が迎える結末は…。スクリーン・デビューから約40年、62歳のウィレム・デフォーは性格俳優として歩んできたが、演技にこれまでにない味が出てきた。ムーニー役の2010年生まれのブルックリン・キンバリーが見事に達者だ。青い空と美しい海浜、ディズニーランドや宇宙センターなどを抱えるフロリダも、一皮むけばこの現実。大統領もたいへんだ。
7「ラプラスの魔女」.jpg

ラプラスの魔女

 『ラプラスの魔女』は東野圭吾の作家デビュー30周年記念と銘打った推理小説の映画化。大学工学部出身の作者らしく、ガリレオなどと同様、フランスの数学者・天文学者ピエール=シモン・ラプラス(1749-1827)の名を登場させた。かいつまんで言えば<ある瞬間の物質の力学的状態を解析すれば未来が見える>と唱えた《ラプラスの悪魔》を転調させ、櫻井翔が演じる青江修介もまた地球科学が専門の大学教授で、殺人事件の謎解きが展開する。東野と三池崇史のタグということで期待したが、やや外れた。フィクションだからこその説得力のあるリアリティーに欠け、俳優の演技もおどろおどろしい。櫻井と広瀬すずの自然体の演技に好感がもてた。
8「オー・ルーシー!}.jpg

オー・ルーシー

 『オー・ルーシー』(平栁敦子監督)。ひとり住まいの節子。演じるのは寺島しのぶ。家の中はまるでごみ溜めのように荒れ放題。住人の暮らしぶりや人間性が想像できる。或る日、姪の美花から英会話教室に入ったが止めることになったのに、返金は出来ない、代理は認めるということなので「叔母さん、代わりに受講して」と頼まれ、その気になる。
 少しあやしげな教室、いきなりアメリカ人の講師ジョン(ジョシュ・ハートネット)にルーシーと名付けられ、金髪のかつらをかぶる羽目に。そのうえハグし合う。美花の母親で節子の姉の綾子(南果歩)が事態を聞きつけ、すったもんだの末、姉妹で米ロサンジェルスへ旅立つ。さてそこで何が起こるのか…。短編小説風の物語。まあ見せるが、それだけの話。寺島しのぶが楽しそうに演じ、南果歩が意外に笑わせる。役所広司とジョシュ・ハートネットがおまけ。監督の力量は未知数。
9「クジラの島の忘れもの」.jpg

クジラの島の忘れもの

 日越(ベトナム)国交樹立45周年記念と銘打った『クジラの島の忘れもの』(牧野裕二監督)の舞台は沖縄。一人で暮らしている叔母のもとへ東京からやってきた愛美(大野いと)は、勤め始めた旅行会社の仕事で、ベトナムから研修生としてやってきているコア(森崎ウィン)と知り合う。企画したツアーで、クジラを見ることが出来る座間味島へ出かけたりしながら、二人の気持ちがつながってゆく。コアが自分の国を見てほしいと航空券を贈り、ベトナムのダナンでひと時を過ごし…。もっぱら日本の女性とベトナムの若者の交流を素直に描いている。素直過ぎてもの足りないところもあるが、この素直さは今の日本映画に欠けているものかも知れない。



 
【EUフィルムデーズ2018】
 
 EUに加盟している25の国が参加する映画作品の上映が、東京・国立映画アーカイブ(旧東京国立近代美術館フィルムセンター)で、5月26日―6月21日まで開かれる。ほかに京都府京都文化博物館(6月2日―24日)、広島市映像文化ライブラリー(7月1日―13日)でも同様の内容で催される。
 今回上映されるのはジェームズ・アイヴォリー監督で、カズオ・イシグロの小説が原作の『日の名残り』(1993)やパオロ・ヴィルズィ監督の伊・仏合作『人間の値打ち』(2013)をはじめエストニア、ギリシャ、クロアチア、リトアニア、ルクセンブルグなど、ふだん目にしにくい国の映画26本と、特別プログラムも組まれている。詳しくはhttps://twitter.com/eufilmdays を参照。

 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

中高年の「元気が出るページ」5月号                         ①うにのおうちごはん歳時記第20回 新茶 山田うに                ②安曇野発 信州都市めぐり(11) 松本市 加藤雅博                 ③第196回シネマトーク【ジェームズ・アイヴォリーの老練な脚色】 西島雄造  

安曇野発 信州都市めぐり⑪

松 本 市


加藤 雅博

 
 それにつけても今年春先の天候はおかしな展開でした。夏日になりそうな高温になったと思ったら翌日には一気に冷え込み慌ててストーブを焚く…と寒暖が激しく入れ替わり立ち代わり訪れました。結局、花の時期は例年に比べると2~3週間も早く、ゆっくり楽しむいとまがなかったというのが今春の印象でした。
 
 都市めぐりは前回の安曇野市に続いて松本市です。松本は安曇野に隣接していて、当ホームページのスタート時の「安曇野便り」には折あるごとに、触れてきましたが、十分に全体像を伝えてなかったように思い、改めてとりあげることにしました。
mat 0001.jpg 

松本市の位置図

 まずは概略です。本州そして長野県のほぼ中央に位置する松本は、平安時代には信濃国府の地とされ、中世には信濃守護の館の所在地、江戸時代には、松本藩の城下町として栄えました。明治40年(1907)5月1日に市制を施行。その後、近隣の村との合併を経て現在の市域が形成されています。平成19年(2007)に市制施行100周年を迎え、今年は111年目に入ります。
mat 0002.jpg

松本市役所と市章

 平成の大合併前の昭和45年(1970)20万3500人だった人口は、2度にわたる合併を経て平成27年(2015)に24万3293人のピークに達し、今年4月1日現在23万9519人(男11万7357人、女12万2162人)と微減現象が始まっています。県庁所在地の長野市に次ぐ第2の県都になります。
mat 0003.jpg 

松本市役所展望室からの松本城とアルプス

 山岳部を控えた旧安住村などとの合併によって、国内標高3位の奥穂高岳 (3190m)をはじめ、槍ヶ岳 (3180m) 、乗鞍岳 (3026m)など3000m級の山頂も市域となりました。面積は東西52.2キロメートル、南北41.3キロメートルの978.47平方キロメートルにおよび、現在のところ県内1位、国内でも都市では23位の広さです。市役所の標高は592.2メートル。
 
 松本市が対外的にもっとも強くアピールしているのは、「『三ガク都』まつもと」。日本アルプスを擁して多くのアルピニストを迎える『岳都』、まちかどにバイオリンの調べを聴く街、セイジ・オザワ松本フェスティバルの街『楽都』、古くから学問を尊び、学生を大事にする都、進取で議論好きの市民気質から『学都』というものです。
 
 「ガク都」については一度取り上げたことがあるので、今回は城下町としての松本市を「松本城」と「湧水群」という2点に絞って紹介しようと思います。松本城はご存じ姫路、彦根、犬山、松江に並ぶ国宝5城の一つです。戦国時代の永正年間(1504~1520年)初めに造られたといわれる「深志城」が始まりです。このころ松本一帯を治めていたのは信濃国守護の小笠原氏。松本平の中心にあった井川から館(井川城)を移し、東の山麓に「林城(はやしじょう=国指定史跡)」を構えて拠点としました。この林城を囲むように支城を配置して守りを固めましたが、深志城もその支城の一つでした。
mat 0004.jpg

東側面の松本城。中央天守、右は乾小天守 

mat 0005.jpg

西側面の松本城。手前は埋橋


 その後、甲斐の武田信玄が小笠原氏を追って深志城を信濃支配の拠点と位置付け整備をしました。これに対し、小笠原氏側は、本能寺の変=天正10年(1582)の動乱に乗じ、徳川家康の援助で深志城を奪還。本丸、二の丸、三の丸を設ける大改修を施し名称を「松本城」と改めました。現存している石垣の配置はほとんどこの時のものといわれています。
 
 秀吉が天下人となると松本城主に石川数正を封じました。数正・康長父子は城と城下町の経営に力を入れ、天守三棟をはじめ、御殿・太鼓門・黒門・櫓などを造り、本丸と二の丸を固め、三の丸に武士を集めるなど近代城郭としての松本城の基礎を作りました。康長が文禄(1593~1594)年に建設した五重六階の天守閣は城の中では最古です。
 
 最初の約50年間は、石川・小笠原・戸田・松平・堀田氏と、藩主はめまぐるしく交代しました。その後約70年間は水野氏時代が続き、最後の140年間はふたたび戸田氏となり明治維新を迎えます。270年間で歴代藩主は、計6家23人にのぼります。この間、城は幾度も存続の危機に襲われていますが、その都度先人たちの知恵や努力、市民たちの情熱によって乗り越え400年余を耐えてきました。明治に何度目かの大改修が行われ、昭和27年(1952)年国宝に指定されました。
mat 0006.jpg
 
満開時期がずれた今春の城のサクラ

 城の周辺は公園として整備され、毎年開催される「松本そば祭り」など四季折々の各種イベントに活用されています。石川氏は秀吉の信頼が厚い武将で、秀吉が大阪城を漆黒で統一したことにちなんで松本城も天守を黒くしたとされています。姫路城の天守が白亜で別名「白鷺城」といわれているのに対し漆黒の松本城は「烏城」と呼称されることがあります。
mat 0007.jpg 

城入り口の「国宝」石碑と後は黒門

mat 0008.jpg

太鼓門の玄番石(げんばいし)高さ5m重さ22.5トン

mat 0009.jpg
太鼓門

 松本城を訪れる観光客は、昨今の城ブームと外国人旅行者の急増に伴って年々増加。有料入場者数は平成28年(2016)には99万人と100万人に迫る勢い。全国の城の入場者数ランキングでは7位、対前年伸び率では5位でした。アルプスを背景に威風堂々とした松本城は市のシンボル。これからも外国人を中心に右肩上がりの観光集客の上昇が期待されます。
 mat 0010.jpg

城内に展示されている火縄銃など
  mat 0011.jpg

天守6階の屋根裏の井形梁(はり)

mat 0012.jpg
4月第一週に咲き終えた松本・安養寺の枝垂れ桜

 遅きに失した感があったものの、平成13年(2001)になって「松本城とその周辺の景観保護対策」が策定され、建築物の高度規制がされました。かつては市内のどこからも眺められた天守とアルプスの視界。松本市は老朽化・狭隘化した市庁舎の新築に向けて動き始めています。平成31~36年(2019~24)に建設、翌37年から新市庁舎の使用開始を予定しています。
 
 新市庁舎の完成で城周辺にどんな景観が誕生するのかは見ものです。城とアルプスを一望可能な絶景のスポットは現庁舎の5階展望室。今のうちに、と記念に押さえておきました。今回数年ぶりに天守閣まで城内を見学しました。古城の雰囲気がたっぷり残されていました。松本市民が誇るのに十分の価値があると感じました。
 

 さて、もう一つ松本市を代表する景観が湧水群です。これら湧水群は、平成20年(2008)6月、「まつもと城下町湧水群」として環境省「平成の名水百選」に選定されました。水が湧き出る一帯は標高600メートルほどの盆地で、東の筑摩山地に源を発する薄川(すすきがわ)や女鳥羽川(めとばがわ)で形成された複合扇状地上にあり、水の涵養域は筑摩山地に属する美ヶ原の周辺であるといわれています。
 
 扇状地性の堆積物による良好な帯水層が存在していて、かつては大抵の家では井戸(浅井戸)を持ち、日常の生活用水として利用していました。市内を歩くとその名残をあちこちにみることができます。今回は気軽に利用できるレンタサイクルで市内を走り、湧水地を訪れました。
 
mat 0013jpg.jpg

由緒ある「源智の井戸」

mat 0014.jpg

一分に200リットル湧き出る源智の井戸

 平成の名水百選に認定された湧水は20か所を超えます。その中でもっとも有名なのが「源智の井戸」。女鳥羽川の南にあり、松本で城下町が形成される以前から飲料水として使用されてきた名水といわれています。天保14年(1843)に発刊された「善光寺道名所図会」にも同井戸についての記載があります。
 
 当時の井戸筒の径は八尺(約2.4m)、高さは九寸(約27cm)だったようです。しかし,昭和42年(1967)に松本市の特別史跡として指定されたころになって湧水量が減少、水面が地表面よりも下になってしまいました。このまま放っておけないと、復元と保存を願う地元住民の請願運動が起こり、平成元年(1989)に新たに井戸を掘削。深度50m付近にある地下水を水源とする井戸(湧水)として復元されました。
 
 周辺環境の整備もおこない、いまも地元住民の有志たちが井戸の周辺の清掃活動をしています。平日は近所や市内から水を汲みにくる市民が多く、休日ともなると市外県外からポリタンクを持って訪れるひとたちも押しかけ、今なお人々の生活と深く関わっている湧水です。名前の由来は、井戸の持ち主、松本城主の家臣「河辺与三左衛門源智」から。とても由緒のある井戸です。この井戸からすぐのところに水源あり、市内の上水道として提供しています。
mat 0015.jpg 

「善哉」の酒蔵にも使われる「女鳥羽の泉」

 「源智の井戸」の北東方面に600mほど離れたところにあるのが「女鳥羽の泉」。いまでは松本市街地で唯一の蔵元となってしまった「善哉(よいかな)酒造」の敷地内にある井戸です。敷地内といっても、道路に面して湧出口があるので、だれでも利用可能。「善哉酒造」では、いまもこの水を使ってお酒を醸造しています。左党だったら名水で醸したお酒も堪能したいところ。お酒を購入したついでに湧水が所望なら1.8リットルのペットボトルをサービスしてもらえます。
 
mat 0016.jpg

槻井泉神社の湧水

mat 0017.jpg

樹齢300年のケヤキと湧水のある槻井泉神社

 「女鳥羽の泉」から300mほど離れたところにある槻井泉(つきいずみ)神社の目前に湧いているのが「槻井泉神社の湧水」。神社脇に樹齢300年といわれる松本市天然記念物の大ケヤキを鑑賞するのも目の保養になりそうです。この井戸の周辺も近所の住人たちが当番で正装していて、市民に根付いた井戸といった風情です。
mat 0018.jpg 

大名町大手門井戸と大名町の街路樹シナノキ

mat 0019.jpg

街路樹シナノキの説明板

mat 0020.jpg

大名小路の井戸

 松本城の表門があった場所にある井戸が「大名町大手門井戸」。観光客が往来する人通りの多い松本駅と松本城の間の繁華街に面しています。休憩ベンチもあり、もちろん美味しく飲料できます。ここから城に向かったすぐのところにあるのが「大名小路の井戸」。観光の途中に一休みできます。
 mat 0021.jpg

中町蔵の井戸

 蔵のある街として人気が高い中町にある「中町蔵の井戸」は、昔懐かしい手漕ぎ式のポンプ井戸。地下25メートルまで掘り下げてくみ上げているそうです。脇の土蔵作りの「蔵シック館」は蔵元から移築した主屋と蔵。常にイベントが開催されています。
 mat 22.jpg

北門大井戸

 松本市役所北側の道路から下った所の児童公園内にある「北門大井戸」は、明治19年(1887)の水害で旧大柳町の総堀を埋め立てた時に新たに作られた井戸。以降、湧水が豊かで城の北門脇に当たるので北門大井戸と呼ばれています。今も豊富な量の水が水槽から溢れんばかりです。
mat 0023.jpg
 
鯛萬の井戸

mat 0024.jpg

鯛萬の井戸周辺は整備された公園

 「鯛萬(たいまん)の井戸」は以前、割烹料亭「鯛萬」があったことから名付けられた井戸。豊富な水であるのに加えて湧水槽が整備され、レプリカの手押し式ポンプ、大きなコイが遊泳する小水路なども整えられた公園になっています。昼間でも多くの市民が、水汲みに訪れています。暑い盛に涼を求めるのにいいかも知れません。脇の鯛萬小路を抜けると飲食街「うら町」に抜けます。
 
 久しぶりの自転車は少々疲れましたが湧水群めぐりはまだ半分もいきません。「伊織霊水」「北馬場柳の井戸」「地蔵清水」「松本神社前井戸」などなど風情のあるたたずまいの井戸がほかにもありそうです。自転車で走ることによって松本市の知らなかった、あるいは気付かなかった表情を楽しむことができました。機会があったら残りの井戸もめぐろうと思います。
 


では、また。    草々

□■□■□■□■□■□■□■□■
 安曇野 無頼庵
  加藤 雅博
■□■□■□■□■□■□■□■□

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

中高年の「元気が出るページ」5月号                         ①うにのおうちごはん歳時記第20回 新茶 山田うに                ②安曇野発 信州都市めぐり(11) 松本市 加藤雅博                 ③第196回シネマトーク【ジェームズ・アイヴォリーの老練な脚色】 西島雄造  

うにのおうちごはん歳時記



写真と文:山田うに

編集者・トラベルライター。よみうりカルチャーの野外講座・料理教室講師。ほかに『大人のカルチャーガイド』で美術館・博物館の企画展案内などを執筆。


第20回 5月 新茶


 5月2日は八十八夜です。旧暦では3月17日になります。八十八夜とはご存じのように立春から数えて八十八日目の日です。雑節の一つで、この時期は明け方にかけて遅霜が発生しやすく、農作物に被害が出る恐れのためこの雑節が設けられたと言います。八十八夜を過ぎると暦はすぐに立夏を迎えます。今年は5月5日が立夏にあたります。
 そして八十八夜と聞けば誰もが思い出すのが「夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る あれに見えるは茶摘じゃないか 茜襷に菅の笠」の歌詞。ほとんどの人が空で言えるのではないかと思えるほどよく知られた歌です。題名は『茶摘』といい、作られたのは明治45年(1912)。「尋常小学唱歌」第3学年用としてでした。作詞作曲ともに誰かは不明です。この歌は平成19年(2007)に「日本の歌百選」に選ばれました。
 この歌によって八十八夜辺りが茶摘みの最盛期じゃないかと思いますが、実際にはそう単純なものではありません。『角川俳句大歳時記』によれば「茶の新芽の摘み始め、早いところで四月上旬、ふつう八十八夜を挟んで二、三週間が最盛期…」といい、4月下旬ころまでの2週間に摘んだものが一番茶、その後二番茶、三番茶、四番茶、晩茶と刈られるのだそうです。また『本朝食鑑』(元禄8年・1695成立)では「その白芽を摘むもの、節分より後七十八、九日に至るを期となす」とあり、江戸時代の俳諧歳時記『滑稽雑談(こっけいぞうだん』(正徳3年・1713成立)では「宇治の茶の手始といふは、多くは三月一日・二日・三日なり。ただし、その節の遅速、その年の寒暖によれり」とあって、茶摘みの時期は八十八夜一辺倒でないのが解ります。
 さて、江戸の町では新茶の季節に行商の茶売りが現れました。明和のころ(1764~1772)には“一服一銭”という安い値段で茶を売ったのだそうです。一銭=一文と数えれば、一文がおよそ15~20円ですから、茶売りは足を棒にしても稼ぎの悪い商売でした。
   一文が茶を買ふ上でほととぎす
   当年の茶を煮る上を郭公(ほととぎす)
と、新茶が出回るころは「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」の時節でした。一服一銭の安い商売ですから、
   小さい銭をくださいと新茶売り
と、小銭でなければ釣り銭もない状態。しかしながら、遊興地や火除け地に立つ葭簀がけの水茶店では、お茶は一杯四文から八文くらいでした。茶店では若くて美人の娘を置いて売り上げに貢献させました。ですからきれいな娘が給仕をすると、若い衆は粋がってポンと百文(1500~2000円)置いていったと言うようなエピソードもあります。
(※PH1 新茶).jpg

新茶

 茶はコーヒー、ココアとともに3大嗜好飲料と言われます。日本茶のさわやかで優雅な香りと深みのある味は紅茶と双璧です。

 茶葉の生産は静岡県がもっとも多く約半分を占め、次いで鹿児島、三重と続き、ほかに埼玉、京都、奈良、熊本、宮崎などで多く生産されます。ブランドで言えば川根、狭山、宇治、八女などとなじみのある名が上がります。茶葉を使った食品も多く、静岡土産で“茶ぷりん”という抹茶プリンがありました。大宮市の大宮公園の北側は盆栽町が広がっていますが、大宮の名物が“盆栽だぁ~”というサイダー。こうした駄じゃれ商品は珍しくありません。お茶商品の最近の傑作は“東京コーラ”でした。価格はひと瓶(200ml)で280円と他商品のおよそ2倍。国産の緑茶を使ったコーラで2017年モンドセレクション金賞を受賞しました。製造は小鹿野町の戸田乳業、企画と販売は江東区新大橋の福泉茶店。福泉茶店の店頭に東京コーラの幟が立っていて、それに惹かれて買ってしまったのでした。
口に含めばコーラ味。後にフッとお茶の香りが追いかけてきます。
 ちなみにご当地サイダーはきわめて数多く販売されていて、今回はほかに2つの炭酸飲料を紹介して筆を置きます。
(※PH2 東京コーラ).jpg

 
東京コーラ

見た目はグリーンでお茶ドリンクそのものの東京コーラ

(※PH3 うなぎコーラと塩レモン).jpg
うなぎコーラと塩レモン

 中央がうなぎコーラ。もちろんウナギの名産地浜松のご当地飲料。ウナギの味がするわけではありません。両側が塩レモンサイダー。伊豆の井田の塩とレモンを使ったサイダーです。しょっぱいわけではありません。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中高年の「元気が出るページ」4月号                         ●第40回市民テニスバット大会                            ①うにのおうちごはん歳時記第19回 ふたつの木の芽 山田うに           ②里帰り安曇野発 信州都市めぐり(10) 安曇野市 加藤雅博             ③第195回シネマトーク【“フェイク”に一矢を報いたスピルバーグ】 西島雄造  

(((195回 シネマトーク))))



【“フェイク”に一矢を報いたスピルバーグ】



 
西島雄造

1「ペンタゴン・ペーパーズ」3.jpg

ペンタゴン・ペーパーズ

A「ペンタゴン・ペーパーズ」を特集したTIME誌.jpg

 
「ペンタゴン・ペーパーズ」を特集したTIME誌

 自分の意に沿わないニュースやジャーナリズムに“フェイク”とわめき続ける大統領が、世界を牛耳っているつもりのアメリカ。しかし、ステイーヴン・スピルバーグ監督が『ペンタゴン・ペーパーズ』で描くのは、半世紀以上も前、<ウォーターゲイト事件>で失脚した第37代、共和党選出リチャード・ニクソン大統領(在位1969-1974)の時代に起こった出来事である。
 主役となるのはワシントン・ポスト紙。1877年に創刊、《Democracy dies in darkness》を社是としてきた。暗黒のなかでは民主主義は育たない。数多くのピューリッツアー賞に輝き、ニューヨークタイムズと共にアメリカの良心を照らす新聞として支持されてきた。キャサリン・グラハム女史(1917-2001)が発行人、社長、会長をつとめた。
 同紙は品質と営業のはざまにあり、株式上場が迫っていた。時を同じくして、ライバルのニューヨークタイムズが、最高機密文書<ペンタゴン・ペーパーズ>のコピーを入手する。政策決定の過程で間違いを犯し、エスカレートし続けたベトナム戦争に関する機密文書。タイムズは1971年6月に文書の内容を紙面で暴露。ニクソン大統領は<記事は国家の安全保障を脅かす>と連邦地裁に記事の差し止め命令を要求する。
 文書はシンクタンクのLAND研究所がつづった。研究所は第二次大戦後、米陸軍航空軍の戦略立案に携わり、ノーベル賞受賞者から暗号研究者まで多彩なキャリアが参画し<合衆国の公益と安全>を旨としてきた。当時の国防長官はロバート・マクナマラ(1916-2009)。フォードモーターズの社長に就任後、ときを経ずしてケネディ大統領に招聘された。のちにマクナマラは政策決定のミスについて反省の弁を述べている。
 NYタイムズに情報を流したのは、LAND研究所の軍事アナリストで執筆者の一人でもあったダニエル・エルズバーグ。在職中から7000ページに及ぶ文書のコピーを繰り返していた。コピーはNYタイムズに持ち込まれ、1971年6月13日、スクープが読者にとどく。ワシントン・ポスト紙もすかさず文書を入手し後追いにかかる。もし公開に踏み切れば、POST紙は存続の危機が危ぶまれるばかりか、キャサリン・グラハムは逮捕、投獄されるかも知れないという状況に面した。
 グラハムは決断し、6月18日に記事化。司法省は同紙の<禁止命令と恒久的さし止め命令>を要求する。だが最高裁は<報道機関が政府を批判する権利は永久に存続し、自由な報道のみが、政府の偽りを効果的に暴くことが出来る><ベトナム戦争参戦へと導いた政府の行為を明るみにすることで、新聞社は建国者たちが望んだことを立派に果たした>として、さし止め命令を無効にした。メディアの勝利である。
 この間のグラハムを演じるメリル・ストリープの細やかな演技はさすがだ。編集主幹にトム・ハンクス、減量したと見えさっそうとしている。ラストはワシントンDCにある民主党全国委員会本部の盗聴を暗示する。1972年6月17日に始まり、ニクソン大統領を失脚させたウォーターゲイト事件である。この史実はアラン・J・パクラ監督が『大統領の陰謀』として1970年に映画化している。
 <アマゾン、ロサンゼルス・タイムズ、2月7日売却に合意と発表>。世界一裕福な医師と言われるパトリック・スンシオン米投資会社に5億ドル(約540億円)で売却という。ボストン・グローブ紙、POST紙も2013年8月、アマゾンの創業者ジェフ・ベゾス氏に売却された。原稿を書き活字を拾い輪転機にかけて新聞を印刷する時代が過去へ消えてゆく。その時代を目の当たりにして、幾度となく胸が熱くなった。
2「ラブレス」.jpg
ラブレス

 『ラブレス』(アンドレイ・ズビャギンツェフ監督)はロシアから。モスクワの郊外、川沿いに林が広がる。美しいが荒涼としている。少年がひとり、林に分け入ってゆく。導入部だ。少年にはもちろん両親がいる。夫婦の仲は冷え切っており、離婚話が進んでいる。別れた後、息子をどうするか…。双方とも引き取る気配はない。母親は出会って妊娠したので仕方なく結婚したという。外に愛する男がおり、性の喜びに耽る。父親にも恋人がおり妊娠している。息子に関心はなさそうだ。まさに愛のない両親に育てられている。住居の眺めのいいアパートは売り出し中。売れたら半々と妻。時代は2012年のモスクワに始まる。
 息子が姿を消した。事故か犯罪に巻き込まれたのか。ともあれ捜索が始まる。警察には任せておけない。多数のボランティアが加わり、林の奥深く、あるいは川、廃墟と丹念に探し回る。日本では珍しい光景だ。母親の実家へも行く。老いた母と娘の間に愛のかけらも見いだせない。息子はどこへ行ってしまったのか。終わり近く、死体置き場で検分が行われる。母は即座に「息子じゃない」と否定する。父親は号泣し始める。結果は想像に任せている。終わりにウクライナ危機がテレビに映し出される。2014年という時を示すためか。少し唐突だ。珍しく性描写が赤裸々に描かれている。主演は妻ジェーニャにマルヤーナス・ビヴァク、夫のボリスをアレクセイ・ロズイン。
3「BPM ビート・パー・ミニット」.jpg

BPM ビート・パー・ミニット
 
シネマトーク「ロングタイム・コンパニオン」.jpg

ロングタイム・コンパニオン

 『BPM ビート・パー・ミニット』(ロバート・カンピヨ監督)。レトロウイルスのAIDS=後天性免疫不全症候群が伝えられたときの衝撃は並ではなかった。日本国内でも理髪店のカミソリどころか蚊に刺されても移るのではないかと騒がれたものだ。AIDSを初めて伝えたのは1981年7月4日付のニューヨークタイムズでゲイに流行している新種のガンとの報道に、折しも夏のニューヨーク郊外、ロングアイランドの南のゲイビーチ、Fire Islandを混乱に陥れる発端で始まるのが『ロングタイム・コンパニオン』(ノーマン・ルネ監督1990)。
 その後トム・ハンクスがアカデミー主演男優賞を受賞したジョナサン・デミ監督『フィラデルフィア』をはじめ『オール・アバウト・マイ・マザー』(ペドロ・アルモドバル監督1999)や『ダラス・バイヤーズクラブ』(ジャン=マルク・ヴァレ監督2013)、そしてミュージカル『レント』(1996ブロードウェイ)など秀作が送り出された。
『BPM ビート・パー・ミニット』はACT UP=the AIDS COALITION to Unleash Power=
力を爆発させるエイズ連合の一員でもあった、ロバン・カンピヨ監督が脚本も書いた。1990年代はじめのパリが舞台。まだ紆余曲折していたAIDSの治療薬の市販を早くしてほしいと政府や製薬会社に訴える若者たちと、主人公のショーン(ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート)とナタン(アルノ―・ヴァロア)が交わす愛の物語。第70回カンヌ国際映画祭でパルムドールを手にした激しいドラマだ。HIVの治療薬はすでに進歩を遂げている。
4「レッド・スパロー」.jpg

レッド・スパロー

 『レッド・スパロー』(フランシス・ローレンス監督)は、CIA=アメリカ中央情報局で33年間にわたりスパイ活動に携わってきたジェイソン・マシューズの原作。題名のスパロー=雀は、冷戦時代のソ連情報庁が色仕掛けで対象人物に罠を仕掛ける<ハニートラップ>の養成学校が送り出したスパイたちのこと。相手を陥れるためには娼婦にもなる手練手管を仕込まれる。教官を演じるのがシャーロット・ランプリング。
 主役の“スズメ”ドミニカにジェニファー・ローレンス。このところめきめき魅力を増している。ボリショイ劇場のプリンシパルながら、病弱の母親の看病や住居にもボリショイが面倒を見ていた。ところが舞台で不慮の事故に遭い、脚を怪我して舞台に立てなくなりお払い箱に。困り果てていた時、父親の弟でロシア情報庁の高官を勤めているワーニャ(マティアス・スーナールツ)が、スパイ学校に入ることを勧め、その道を歩むことになる。
 舞台はモスクワからブダペスト、ウイーン、ロンドンと展開。一方CIAは“もぐら”(内通者)探索のソ連側とせめぎ合いがからむ。CIAの捜査官ネイト(ジョエル・エドガートン)とセクシーに迫るドミニカの関係は…。『寒い国から帰ってきたスパイ』(マーチン・リット監督1965)を書いたジョン・ル・カレはMI6=英秘密情報部出身、『第三の男』(キャロル・リード監督1949)の原作者グレアム・グリーンも第二次世界大戦でスパイ活動に従事していた。これらと読み比べ、見比べするのも面白いだろう。今作も描写が細かく、見ごたえがある。ジョエル・エドガートンが渋くていい。ほかにジェレミー・アイアンズ。
5「ジュマンジ」.jpg
ジュマンジ ウエルカム・トゥ・ジャングル

 『ジュマンジ ウエルカム・トゥ・ジャングル』は、はずみでヴィデオゲームの世界に入り込んだという発想は面白いが、ハワイ・オワフ島でロケしたジャングルにはカバもいればゾウや鰐もと、なんでもありのゲーム世界。話のつなぎにゲイの男まで登場し、一難去ってまた一難の展開にしては、さほどスリリングではない。ドウェイン・ジョンソンも手持無沙汰の様子。子どもは喜ぶかもしれないが、大人は少し退屈。続編ありらしい。
6「トゥームレイダー」アリシア・ヴィキャンデル.jpg

トゥームレイダー ファースト・ミッション

 『トゥームレイダー ファースト・ミッション』(ロアー・ウートッグ監督)は、2013年にクリスタル・ダイナミック社から出されたアドヴェンチャー・ヴィデオゲーム<トゥ―ムレイダー=墓暴き>の映画版。ヒロインのローラ・クラフトに、『リリーのすべて』(トム・フーパ―監督2015)でアカデミー女優助演賞のアリシア・ヴィキャンデル。目指すは邪馬台国の卑弥呼の墓とは奇想天外。妖術で大衆を幻惑し、西暦247年から248年頃に世を去ったと伝えられる卑弥呼が墓の中に秘していたものとは…。
 香港の風景も日本地内とされている邪馬台国も、南アフリカのケープタウン周辺で堂々のロケーション。幕開けのテンポは快調。『光をくれた人』(デレク・シアンフランス監督2016)などシリアス作品で光を浴びた29歳のアリシアだが、166センチの恵まれた肢体とバレエ学校で鍛えた身体能力で、魅力的なローラを演じている。人物の造形より、ヴィデオゲームそのものの<一難去ってまた一難>的な追っかけで終始する118分。
7「きみへの距離、1万キロ」2.jpg
きみへの距離、1万キロ

 『きみへの距離、1万キロ』(キム・グエン監督)は、カナダからの一風変わったラブ・ファンタジー。米デトロイトの警備会社で働くゴードン(ジョー・コール)は失恋していらつき気味だ。北アフリカの油田地帯のパイプラインを、デトロイトから遠隔操作のロボットで監視するのが仕事。40センチ四方、屈折自在の6本の脚で移動する。多言語を操り、非常事態となれば発砲もする。
 ある日、ロボットがとらえたのは美しい娘の姿。そのアユーシャ(リナ・エル=アラビ)は両親から結婚を迫られているが、40歳を過ぎた相手の男には目もくれず、恋人とパリへ逃げる打ち合わせをしている。費用が5000ドルほどかかり、アユーシャは祖母からもらった金のアクセサリーを売り、恋人はパイプラインから石油を盗む仕事を手伝う。だが監視ロボットに見つかり焼き殺されてしまった。
 失意のアユーシャを遠隔操作で見ていたゴードンは、9800ドルを送金して立ち直るように言い含める。「いったい何者?」という興味をそそられながら、1年後にパリの公園で再会する約束をした二人。ゴードンはデトロイトを出るのか…。アユーシャを演じるのはモロッコ人の家系のフランス人。目鼻立ちが際立っている。モロッコの雪を頂いたアトラス山脈の南側、砂漠に通じる風景が広がる。
10「娼年」.jpg
娼年

 三浦大輔監督の『娼年』、題名には魅力があるが、出来上がりはどこか物欲しげで、文学的でもなければ、ポルノほど沸々とたぎるものもない風俗映画に終わっている。ベッドシーンは、似たような性描写の繰り返しで退屈した。2016年に東京芸術劇場プレイハウスで舞台に乗った時と同じ松坂桃李は、演出にこたえているが、セクシーではない。そこがねらいなのだろうか。
 入れ替わり立ち代わり登場する男女にも訴えかけるものがない。西岡徳馬演じる変態性欲の泉川、江波杏子の老女、そしてやはり舞台と同じ猪塚健太、いずれもパターン化されて先が見え透く。第50回岸田國士戯曲賞に選ばれた三浦の「愛の渦」は乱交パーティ―という性風俗を主題にした。選考委員の井上ひさしは「普遍的な愛にまでたかめた」と評した。スキャンダルは三浦のテーマかも知れないが、説得力を持たせるのは難しい。大島渚監督の『愛のコリーダ』(1976)をパリで観たが、愛の極致を描いたスキャンダルが感動をもたらした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

中高年の「元気が出るページ」4月号                         ●第40回市民テニスバット大会                            ①うにのおうちごはん歳時記第19回 ふたつの木の芽 山田うに           ②里帰り安曇野発 信州都市めぐり(10) 安曇野市 加藤雅博             ③第195回シネマトーク【“フェイク”に一矢を報いたスピルバーグ】 西島雄造  

里帰り安曇野発 信州都市めぐり⑩

安 曇 野 市
 
加藤 雅博

 
 本格的な春の到来を前にしたお彼岸の雪嵐はびっくりでした。安曇野周辺でも20センチほどの積雪となり、開花準備をしていた花々のつぼみがしっかりと固く閉じてしまったようです。しかし翌日からは好天がもどり、気温も上昇、この分だと例年の通り、ウメやサクラも4月上旬から中旬にかけて一気に咲きそろいにぎやかになりそうです。
 az 0001.jpg

 
安曇野市位置図

 信州都市めぐりは10都市目を迎えますが、実は足元の「安曇野市」についてトピック的に取り上げてきただけで総体として紹介していないことに気が付きました。今回改めて行政都市、観光都市としての安曇野の「顔」を拾ってみました。
 az 0002.jpg

安曇野市役所・市章 市のシンボル常念岳

 政府主導による平成の大合併が始まったのは同11年(1999)から。それまで16都市にすぎなかった長野県では、15年から毎年新都市が1つずつ誕生、安曇野市は平成17年(2005)10月、県下19番目の市としてスタートしました。南安曇郡の豊科、穂高町、同郡三郷、堀金村、東筑摩郡明科町の5町村の合併によるもので、いまのところもっとも新しい市ということになります。
 
 おおざっぱな地域名としての「安曇野」は昭和に入ってから大変ポピュラーになりましたが地図上に表記される地名あるいは、自治体名として「安曇野」が登場したのは初めてでした。合併時の5町村の人口は9万8000人余、面積は332平方キロ。人口は19都市のなかで6番目に多く、面積では8番目の広さです。
 
 スタート以降、人口10万人達成を目指していますが今年3月1日現在98,110人(男47,608人、女50,502人39,400世帯)と足踏み状態が続いています。昨今の世論調査で、住みたい地域に安曇野はかなりの割合で支持されていますが、さて、実際に移住するところまで決意できるか、となるとそうは簡単にはいかないようです。しかもいずこの地域も少子高齢化はますます進行の気配。安曇野市の人口10万人到達成るかどうか。注目したいと思います。
az 0003.jpg
 
整備が完成したJR穂高駅

 県外から安曇野市へのアクセスは車なら長野自動車道の「安曇野インター」で降りるのが最短、電車ならJR中央線経由松本駅から大糸線の穂高駅で下車するのが一番です。2年前から行われてきた穂高駅周辺の整備工事がこのほど完了、安曇野の顔として面目を新たにしています。
az 0004.jpg 

駅頭で観光客を歓迎する安曇野の道祖神

 大正4年(1915)7月、信濃鉄道の駅として業務を開始した穂高駅は、昭和12年(1927)に国有化され、昭和15年(1940)に駅舎が完成。その後駅舎は穂高神社を倣ったデザインでリニューアルしましたが、駅前広場は昭和44年に改修したままで老朽化。今回の整備で、快適な駅前広場となりました。
az 0005.jpg
 
駅頭のブロンズ像「登頂」

 駅前には、安曇野を代表する風物「道祖神」と並んで目に付くのがブロンズ像「登頂」。穂高生まれの彫刻家・小川大系の作品です。小川は35歳の時、彫刻家への念やみがたく上京。やはり安曇野出身の鋳金家、山本安曇に才能を認められ、北村西望(文化勲章受賞・長崎の平和像作者)に入門しました。「登頂」像は、ちょうど駅舎越えに常念岳を眺める位置に置かれ、アルプスを目指す登山者たちのシンボルになっています。
 
 この広場ロータリーにもう一つ東京・銀座と安曇野を結びつける意外な風物「ヤナギ」があります。銀座にヤナギが登場したのは明治10年(1877)(初代ヤナギ)。以降同17年までに街路樹のほとんどがヤナギになります。大正12年(1923)9月、関東大震災で銀座は焼失。昭和4年(1929)の「東京行進曲」(♪昔恋しい銀座のヤナギ)の大ヒットをきっかけに銀座にヤナギ待望論が起こり、銀座にゆかりの深い企業や多数の個人の寄贈によりヤナギの植樹が進められます。このなかに震災復興記念として安曇野から出荷された枝垂れヤナギがありました。この2代目のヤナギの寄贈により銀座の並木が復活しました。
az 0006.jpg
 
里帰りした銀座のヤナギ
 
az 0007.jpg

Uターンした銀座のヤナギの説明板

 「銀座の柳は安曇野産だった」という報道をきっかけに、昭和62年(1987)当時の穂高町長が中央区に枝垂れヤナギ100本を寄贈。その返礼として2代目銀座のヤナギの寄贈を受け、穂高駅前に「里帰りヤナギ」が植樹されました。Uターン・ヤナギというわけです。広場の整備工事に伴い、一時移植していた成木も移されました。今は裸木の状態ですが、これから日毎に伸び始め、初夏までに枝を広げるはずです。
 
 安曇野市が合併以降力を注いできたのが図書館の充実。合併2年前にリニューアルしたばかりの明科図書館を除く 4館は、狭く学習室など必要な設備がないうえ、新鮮で多様な資料 が乏しく魅力のない図書館でした。その結果利用者の足も遠のき、一人当たりの貸出利用者登録率が県内 19 市の平均値を下回り、目を覆う状態でした。
 
az 0008.jpg

三郷図書館と交流学習センターゆりのき

 このため設備の新設、資料の充実、子どもを中心にした図書館環境づくりの基本計画を立て、中央図書館になる穂高図書館(愛称「みらい」)を平成21年(2009)、豊科図書館(「きぼう」)を同23年(2011)、堀金図書館を同28年(2016)に順次新たに建設。そして最後に当たる三郷図書館(「ゆりのき」)がこの3月にオープンしました。
az 0009.jpg 

図書館内の書架

 「ゆりのき」は旧三郷町役場を撤去した跡地の12,085平方メートルの平屋建て。閲覧室は窓越しに常念岳を望む絶好のロケーションです。現在の蔵書は4万1000冊。2年後の5万3000冊を目指しています。5館あわせた安曇野市全体の蔵書数は現在30万3500冊ですが、平成29年度(2027)には 42万⒛00冊を目標としています。
az 0010.jpg
 
採光がh工夫された閲覧室

 市の総合計画のキャッチコピーは「北アルプスに育まれ共に響き合う 田園 産業都市 安曇野」。この計画に合わせ、市では図書館を生涯学習の推進を担う施設と位置づけしています。少子高齢化・人口減少の中で図書館の役割は地味ながら重要。いずれも新鮮な読書環境が整ったといえそうです。
 
az 0014.jpg

神社参道の鳥居と石柱
 
 安曇野市の見どころの案内を続けます。穂高駅から3分とかからないところにあるのが「穂高神社」。家内安全、事業繁栄、縁結び、合格祈願、交通安全など守備範囲の広い願いごとにご利益があるとされ、諏訪大社、善光寺に次いで県下で3番目に参拝する人が多い神社です。毎年の初詣には8万人が訪れる中信地区の重要神社です。と同時に元々九州地方から移住してきた海洋の民だった安曇族が穂高見命(ほたかみのみこと)、綿津見命(わたつみのみこと)、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の三神を祀った歴史と多くの伝承に彩られた興味深い神社です。
az 0015.jpg 

改築に伴って奥穂高岳から移された嶺宮
 
az 0016.jpg

安曇族の英雄阿曇連比羅夫(アズミノヒラフ)像

 神社名と地区名からも推測できるように、神社は北アルプスの総鎮守です。神社本宮があるのが「穂高」、奥宮があるのは「高地明神池」入口、そして嶺宮は北アルプスの主峰で富士山、南アルプス北岳に次いでわが国3番目の標高、「奥穂高岳」山頂(3190m)に鎮座します。海洋をルーツとする安曇族がなぜ山国である安曇野に移住することになったのかは依然として古代史の謎とされていますが、毎年9月26・27日に行われる神社例大祭の「御船神事(お船祭り)」を一度ご覧になれば、海洋族の末裔らしいということもうなずけます。
az 0017.jpg 

比羅夫の命日に行われるお船祭り(2011年)

 こうした歴史の古い神社だけに、広い境内をめぐる逸話や遺物も数知れずあります。そのうちの幾つかを。まずは芭蕉、折口信夫、安曇野に伝わる民謡「安曇節」の句碑や歌碑のほか、顕彰碑などたくさんの文学碑が境内に所狭しとばかりに並んでいます。安曇野の風物詩ともいえる各地の特徴的な道祖神を集めた「道祖神公園」、御船神事に関する「穂高人形」と神社にまつわるデータを収集した「御船会館・穂高人形研修館」があります。こちらは文学・歴史愛好家には見逃せないスポットでしょう。
 
 一方、植物に興味があるならご神木のおまいりは欠かせません。神楽殿横でひときわ目を引く杉の大木は「孝養杉」と命名されています。詳しい伝承がないのではっきりしていませんが、樹齢は優に500年は超えていそうです。氏子の一人が母親の病気平癒を願って白装束でおまいりをしたところ治った話が氏子の間に広がり、「孝養」と名付けられたとのこと。
az 0011.jpg
 
穂高神社の神木「孝養杉」
 
az 0012.jpg

市の指定文化財の神楽殿横のケヤキ

 神楽殿の北側に大きなケヤキがあります。樹齢は「孝養杉」同様500年超と推測される老木です。昭和45年(1970)5月、川端康成、井上靖、東山魁夷がそれぞれ夫婦揃って安曇野を訪れ神社に参拝した際、若葉繁るケヤキを仰ぎ見て絶賛したといわれています。井上靖は、翌年7月「けやきの木」という題の短編集を出版していますが、このケヤキを題材にしています。
az 0013.jpg 

珍樹「白松」

 もう一本、「白松(ハクショウ)」という珍樹があります。境内中ほどの社務所裏の中庭にあるマツです。この松の枝を下敷きにしてワサビを献上した際、昭和天皇から「白松」ではないかと言われた由縁の松とのことです。葉は三葉、幹は全体で白っぽいのが特徴。穂高の出身者が、中国紫禁城から種子を昭和6年(1931)に持ち帰り、知人たちに分けたところ、その中で発芽した一本が成長し、昭和15年(1940)神社に献木されたようです。したがって樹齢はただいま87歳。来年は米寿ということになります。
az 0018.jpg
 
農場のワサビ田の風景
 
az 0019.jpg

農場入り口にある伝説「八面大王」の像

 安曇野市一番の観光スポットがレンタサイクルで20分ほどのところにある「大王わさび農場」。豊科・穂高・明科地区には130戸を超える農家がワサビを栽培しています。その中で同農場は4万5,000坪(約15ha)という全国一のワサビ農場を運営しています。入場料は無料ながら、ワサビをメインにした加工品販売だけでも大変な売り上げで、年間に訪れる観光客は120万人。
az 0020.jpg

大王わさび農場百年記念館 
 
az 0021.jpg

記念館の展示物
 
az 0022.jpg

改装された三連の水車の一つ

az 0023.jpg

安曇野の用水路「拾ヶ堰」とアルプス
 
az 0024.jpg

道祖神と常念岳

 清澄な湧き水と緑の葉が眩しいアブラナ科のワサビ、そしてアルプスが織りなす農場・田園風景が引き付けるのでしょう。春の訪れとともに入園者がどっと押し寄せてきます。同農場は平成27年(2015)開拓100年を記念して日本で初めてのわさび専門の資料館「大王わさび農場百年記念館」を場内に開館しました。日本の伝統的で固有の香辛料「ワサビ」について改めて学習するのも楽しいものです。農場近くにある「早春賦(そうしゅんふ)」歌碑、穂高駅そばにある碌山美術館とのセットした安曇野めぐりを楽しむツアーには最高の季節到来です。
 
では、また。      草々

□■□■□■□■□■□■□■□■
 安曇野 無頼庵
  加藤 雅博
■□■□■□■□■□■□■□■□
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

中高年の「元気が出るページ」4月号                         ●第40回市民テニスバット大会                            ①うにのおうちごはん歳時記第19回 ふたつの木の芽 山田うに           ②里帰り安曇野発 信州都市めぐり(10) 安曇野市 加藤雅博             ③第195回シネマトーク【“フェイク”に一矢を報いたスピルバーグ】 西島雄造  

うにのおうちごはん歳時記

 毎日いただくおうちごはん。春夏秋冬、季節の彩りにあふれた食材や料理を取り上げて食の歳時記として連載します。

写真と文:山田うに

編集者・トラベルライター。よみうりカルチャーの野外講座・料理教室講師。ほかに『大人のカルチャーガイド』で美術館・博物館の企画展案内などを執筆。

第19回 4月 ふたつの木の芽


 卯月です。1日は旧暦では今年は2月16日です。5日が二十四節季の清明。春分の日から15日目とされ、清く明るい気が満ちる時節といいます。そして20日は穀雨。旧暦では3月3日で、春の節季の最後となり、春雨が降って百穀を潤すという意味です。こうして旧暦をたどってみると旧暦の方が季節から受ける生活感に密着しているように思えます。
 明治5年(1872)11月9日、明治政府はこれまでの太陽太陰暦(旧暦)をやめ、太陽暦を採用すると発表しました。太陽暦はグレゴリオ暦といい、1582年に制定されて以来ヨーロッパを中心に多くの国々で採用されていた暦法です。太陽暦への移行は、その新年に合せ、来る12月3日を明治6年1月1日とするものでした。
 布告から実施までわずか2ヵ月足らず。当時は郵便や電信がようやく普及したころで、遠く離れた地方への告知は何日もかかったに違いありません。今までの暦が突然使えなくなり、しかも新年が1ヵ月も前倒しになるという改定に、当時の人々の戸惑いはいかばかりだったことでしょう。
 明治政府がこのようにことを急いだのには、倹約の理由もあったといいます。改暦の明治5年は12月が2度ある閏月の年でした。1年が13ヵ月あったのです。そこで12月3日を1月1日とすることで、時の政府は省庁をはじめ全国の役人に閏月の12月分の俸給を棚上げにしたのでした。

 さて4月になると山菜類が一斉に登場します。“走り”から“旬”に食材が変わります。早春に雪を分けて頭を出していた蕗の薹はもう終わり、葉柄が大きく伸びます。いわゆるフキです。山葉が芽吹き出すのもこの頃からです。里山では三つ葉あけびの蔓が伸びてきます。山椒は萌黄色の小さな芽を出し始めます。山椒の若芽は一般的に木の芽と呼ばれますが、東北・北陸などの雪国地方では三つ葉あけびの若芽(若い蔓)も木の芽と呼びます。ふたつの木の芽があるのです。

  酒欲しき日暮となりぬ木の芽和(角川春樹)
  青き串木の芽田楽貫けり(木檜剛平)

 山椒の料理を歌った秀句は数多く見られますが、通草(あけび)の実や籠細工を呼んだ句はあっても、あけびの蔓である木の芽を詠んだ句は見当たりません。これもあけびの木の芽が人口に膾炙していないからでしょう。

 山椒の木の芽は広くいろいろな料理に用いられます。木の芽をすり鉢ですって味噌を加え豆腐に塗って焼くと木の芽田楽、すった木の芽に白味噌・味醂・砂糖を加えてタケノコや魚介を合せれば木の芽和え、木の芽のみじん切りを溶き玉子に加え、タイやサワラなどの白身魚に塗って焼けば木の芽焼です。また小さな葉っぱはそのまま料理のあしらいに使います。
(※PH1チキンと筍の木の芽焼)S.jpg

(チキンと筍の木の芽焼)

春の出合いものである筍と木の芽を合せました。チキンも添えてチキンと筍の木の芽焼です。木の芽は細かく刻んで出汁醤油に加え、それをチキンと筍に塗って炊きあげます。口中にスワッとした清涼感が広がります
(※PH2車麩の煮物)S.jpg

(車麩の煮物)

おなじみの車麩の煮物。出汁昆布も添えました。木の芽をあしらえばもう春です

 あけびのほうの木の芽は長さ30cmほどの先端が食用です。水洗いしてさっと湯がき、お浸しにするのが一般的です。料理屋などでは小鉢に盛り、出汁醤油をかけて真ん中にウズラの玉子を落として提供します。春の訪れに欠かせない料亭料理で、軽やかな苦みが春を賞味させてくれます。このあけびの蔓、先述したように食用にするのは東北・北陸などの雪国に限られているようで、関東では食しません。高尾山の登山道の両側にも生えているのですが、関東の人たちは注視しないのです。まったくもって食習慣とは面白いものです。
(※PH3木の芽のおひたし)S.jpg

(木の芽のおひたし)

八王子在住の方からいただいた木の芽(アケビの蔓)です。さっと湯がいておひたしに。花かつおをのせ、出汁醤油でいただきます。食する期間も食する場所も限られて今では春の珍味です
(※PH4蕗の煮物)S.jpg

(蕗の煮物)

青果店で出始めた蕗を求め煮ました。蕗の下処理で筋取りがありますが、生のままで筋を取ると蕗のアクで指先が黒くなってしまいます。でもそれは春のおいしさのための代償。いったん湯がけばアクが手につきません。写真の手前は土佐煮、奥はきのこと炒めてきんぴら風です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中高年の「元気が出るページ」4月号                         ●第40回市民テニスバット大会                            ①うにのおうちごはん歳時記第19回 ふたつの木の芽 山田うに           ②里帰り安曇野発 信州都市めぐり(10) 安曇野市 加藤雅博             ③第195回シネマトーク【“フェイク”に一矢を報いたスピルバーグ】 西島雄造  

<市民テニスバット大会>


テニスバット表紙.png

 2月4日東村山市スポーツセンターでは、恒例の市民テニスバット大会を開催、その模様をYoutubeに公開しましたのでご覧ください。https://youtu.be/qD5gG18spLc
 東村山市では、体力づくりの一環として40数年前から市民に推奨スポーツとして広め、年一回市内全町のテニスバット愛好家を集め大会を開催しています。
 コートはバドミントンコートのスペースに同じ、ネットは床から110cm.ラケットは卓球のラケットを大きくしたような、ラバーは貼らない板状のラケットを使い、軟式はテニスボールの軟式ボール。硬式はテニスの硬式ボールを使っています。
 ゲームはダブルス。アンダーサーブで始め、後はテニスとほぼ同じ要領です。
 試合は、3ゲームマッチで行われます。 先に2ゲームを先取したほうが勝ちです。ファーストゲーム(第1ゲーム)、セカンドゲーム(第2ゲーム)と進め、 もし1対1になった場合は、ファイナルゲーム(第3ゲーム)が行われます。1ゲームは7ポイントで行われます。先に7ポイント取ったほうが勝ちです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

中高年の「元気が出るページ」3月号                        ①うにのおうちごはん歳時記第18回 春の彼岸 山田うに              ②安曇野発 信州都市めぐり(9) 小諸市 加藤雅博                 ③第194回シネマトーク【天幕で見せた地上最大のショー】 西島雄造  [編集]

(((194回 シネマトーク))))



【天幕で見せた地上最大のショー】


西島雄造


 かつてベティ・ハットン(1921―2007)という女優がいた。実在の女射撃手アニー・オークレイ(1860-1926)をモデルにした『アニーよ銃をとれ』で人気沸騰。はじめ1946年5月からブロードウェィのインペリアル劇場にかかり、エセル・マーマンが主演して1147回のロングランを重ねている。『南太平洋』(1950)『ミスタア・ロバーツ』(1955)『ピクニック』(同)のジョシュア・ローガン(1908-1984)が演出。映画版は1950年にジョージ・シドニーとバスビー・バークリーの監督で登場した。
9「地上最大のショー」.jpg

地上最大のショー

 このベティ・ハットンを主役にセシル・B・デミルが手がけたのがリング・リング・サーカスで一世を風靡した『地上最大のショー』(1952)。チャールトン・ヘストン、ジェームズ・スチュワート、コーネル・ワイルド、ビング・クロスビーらが豪華出演。空中ブランコを華々しく見せながら、ラヴストーリーでメリハリをつけた。152分の娯楽大作はアカデミー作品賞、ゴールデングローブ作品、監督、撮影賞を受賞している。
1「グレイテスト・ショーマン」.jpg

グレイテスト・ショーマン

 新たに登場した『グレイテスト・ショーマン』も、題材は同じヒュー・ジャックマンが扮する実在のP.T.バーナム(1810-1891)を主人公にしている。バーナムは週刊新聞などを発行したこともあり、大衆の心をつかむことに長けていたようだ。ニューヨークのブロードウェィの一角にあったアメリカ博物館を手に入れ、年齢160歳と称する黒人奴隷や、生後6か月で成長が止まった男に“親指大将”と名付けて見世物興行に徹する。果ては英国のヴィクトリア女王に謁見し、またヨーロッパで名声を轟かせていた、2オクターブの声を操る歌手ジェニー・リンド(1820-1887)の興行をニューヨークで打って大評判を得た。
10サーカスの人気者、ゾウの曲芸.jpg

サーカスの人気者、ゾウの曲芸

 やがては自前のサーカス列車でゾウなどの動物と芸人を引き連れ、アメリカ全土を巡業している。バーナムの死後はリングリング兄弟に売り渡され名前は残った。ロンドンの動物園から譲り受けて始まったそのゾウの曲芸が動物愛護団体から指弾され、2017年5月21日、ニューヨークで最後のショーを披露して146年にわたるサーカスの幕を閉じている。
 マイケル・グレイシー監督は興行師の足跡をたどりながら、《地上最大のショー》を見せる。身体的、あるいは人種的なハンディキャップの登場は、現代の世情にそぐわないと思われるが、それぞれの資質、人種、そして人々が共生することを強調して、主題曲「THIS IS ME」を高らかに歌い上げている。胸を打つ曲だ。ヒュー・ジャックマンが達者な歌と踊りを見せる。ミシェル・ウイリアムズ、ザック・エフロン、レベッカ・ファーガソンらが共演。
2「欲望のめざめ」2.jpg

欲望のめざめ

 『欲望のめざめ』は1864年、南北戦争が始まって3年目のアメリカ・ヴァージニアが舞台。戦火を避けて7人の女だけで暮らしている森深い寄宿学園にも、ときおり砲撃の音がこだまする。或る日、キノコを採りに森へ入ったエイミー(ウナ・ローレンス)が、脚に傷を負って倒れ込んでいる北軍の兵士マクバニー(コリン・ファレル)に遭遇し学園に伴う。
 園長のマーサ(ニコール・キッドマン)、教師のエドウィナ(キルスティン・ダンスト)アリシア(エル・ファニング)ら美しい女ばかりの館。はじめは戸惑いながらもキリストの教えに沿い、男が傷から回復するまで園での滞在を受け入れる。濃いひげを蓄えた凛々しいマクバニーの出現は、それぞれの心に忍び込み、女たちはひそかに着飾るようになる。
 傷が癒えてきたマクバニーを迎え夕食会が催される。音楽を奏で踊り、つかのまの華やいだ空気が流れる。欲望とはまだほど遠く見える可憐な娘たちをも巻き込みながら、出し抜いたのは美しく成熟したエドウィナ。双方が求めあって暗黙の秩序がほころびかけたとき、思わぬ出来事が生じる…。原題のThe Beguiledは第一義的には、だます、たぶらかす、を意味するが、魅了するという解釈もあり、このふたつの意味合いのはざまで、ソフィア・コッポラ監督が描く微妙な心のありよう。意表を突いた結末が待っている。
 森を中心に繊細な自然をローキーで美しく映像化し、女たちがまとうドレスがこよなくエレガントだ。ニコール・キッドマンが勇気と気品を兼ね備えた女性を美しく演じる。昨年のカンヌ国際映画祭で、パルム・ドールこそ『ザ・スクエア 思いやりの聖域』(リューベン・オストルンド監督、4月28日公開予定)に譲ったが、『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』のジャック・ドワイヨン監督らをしのいで監督賞に選ばれたソフィア・コッポラ、女性ならではの視点が物語をふくよかにしている。これまでにも『ロスト・イン・トランスレーション』(2003)などを送り出した才媛は、脚本も手がけている。
3「ナチュラルウーマン」2.jpg

ナチュラル ウーマン

 ことしのアカデミー外国語映画賞にノミネートされた『ナチュラル ウーマン』(セバスティアン・レリオ監督)はチリ・米・独・スペインの合作。チリのサンティアゴを舞台にしたトランスジェンダーに生きる姿を主題にしている。マリーナは小さな店でウェイトレスをしながら、ナイトクラブで歌っていた。ある夜、誕生日を祝ったあとパートナーのオルランド(フランシス・レジェス)と部屋に戻ったが、男が動脈瘤の症状を起こして階段から転げ落ち命を絶つ。警察は死因に疑いを持ち、取り調べの過程で身分証明書の提示を求め、マリーナの名前が違うことから、トランスジェンダーであることを知られる。
 オルランドの妻をはじめ家族の仕打ちは容赦ない。オルランドの部屋から追い出しにかかり、車も戻せという。オカマと罵声まで浴びせられ、愛した男の葬儀に出ることさえ拒まれる。マリーナはどのように生きていくのか…。主演のダニエラ・ヴェガは28歳。盲目の祖母から音楽に耳を傾けることを教えられ、鳥や木の葉擦れ、水のせせらぎに喜びを覚えた。自身トランスジェンダーでもある。イグアスの滝や吹きすさぶ風が象徴的に描かれる。
4「リメンバー・ミー」.jpg

リメンバー・ミー

 ディズニー・ピクサーのアニメの新作は、メキシコを舞台に音楽と家族の物語『リメンバー・ミー』。監督はリー・アンクリッチ。アステカ文明が色濃く残っている、メキシコ・シティの北西の町Santa Ceciliaを舞台に《死者の日》で幕が開く。ラテンアメリカ圏、ことにメキシコで続いている祝祭日で、10月30日の前夜祭から11月2日まで繰り広げられる。祭壇を遺影や死者の花とされるマリーゴールド、食べ物などで飾り、ハロウィンに似て仮装パーティと音楽で賑やかだ。通りは骸骨に扮した町民であふれ、ダニエル・クレイグ主演の『007スペクター』(サム・メンデス監督2015)の舞台にもなっている。近くにはTexcoco湖があり、今作の原題『COCO』もこの湖に由来しているようだ。
 主役の少年ミゲルはギター演奏の資質に恵まれ、ひそかに音楽家を志しているが、曾祖父が家族を捨ててミュージシャンに走ったと疑わない残された者たちは、音楽を聴くことも奏でることもタブーにしているからややこしい。ミゲルは死者の日、骸骨の風貌の亡き先祖たちの世界・死者の国に紛れ込んでしまう。日の出前に家族の元に戻らないと、たいへんなことになる。ミゲルはどうすればいいのか。最後にどんでん返しが仕組まれている。
 まさにお祭り騒ぎのような死者の国の描写が楽しめる。ミゲル少年は魅力たっぷり。家族の表情もいい。ギターやトランペットでメキシコ音楽を演奏する楽団マリアッチ。『アナと雪の女王』(2013)に流れた「レット・イット・ゴー」でアカデミー歌曲賞のクリステン・アンダーソン=ロペスとロバート・ロペスによる「リメンバー・ミー」も心に残るだろう。春休みに絶好のプレゼントだ。アカデミー長編アニメ賞にノミネートされている。
5「ブラックパンサー」2.jpg

ブラックパンサー

 『ブラックパンサー』(ライアン・クーグラー監督)で描かれるのは、隕石がアフリカに堕ちたあと誕生した文明国家ワカンダ。鋭い爪をもち、黒の戦闘スーツで身を固めたブラックパンサーは、この国の国王ティ・チャラでもあった。高度のテクノロジー都市は、強力なパワーを持つ鉱石ヴィブラニウムを保持し、その力は世界を破壊することもできる。ティ・チャラにはヴィブラニウムを守る責務があった。
 1966年に出版されたマーベル・コミックに登場したアフリカからのヒーロー。扮するのは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)でも同じ役を演じたチャドウィック・ボーズマン。見るからにタフな体躯で暴れまわる。4月27日公開予定の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも出演している。目まぐるしく話が交錯、行き来し、少しわかりづらいところもあるが、クライマックスはさすがに見せる。特殊効果もMARVELならでは。<愚者は壁をつくる>のセリフはトランプ大統領への当てつけ?
6「しあわせの絵の具」2.jpg

しあわせの絵の具

 『しあわせの絵の具』(アシュリング・ウォルシュ監督)は2016年のカナダとアイルランドの合作。カナダの女流画家Maud Lewis(1903-1970)の生きた道をドラマ化している。カナダの東部、太平洋岸に面したノバスコシアで生まれた。若年性リュウマチで小柄、手足も思いのままにはならなかった。引きこもりがちの日常で、感じるままに我流で絵を描くことを楽しみにしていた。家のドアや壁に小鳥や蝶などの生き物を優しい色使いで形にした。幼いころからクリスマスカードなどをこしらえ周りに売ることもあった。
 両親が他界した後は、叔母の家で暮らしていた。そんな折、魚売りのエベレットがハウスメードを探していることを知って住み込み、1938年に結ばれる。やがてモード・ルイスの隠れた才能が雑誌やテレビで紹介されて世間に知られ、当時のニクソン米副大統領も手に入れたという。電気もガスもない暮らしだったが、初めはかたくなでよそよそしかったエベレットも油絵の具を買い与え、二人の愛は育まれて行く。映画は夫婦の絆や愛の形を淡々と見せる。サリー・ホーキンスとイーサン・ホーク二人の絶妙の演技は見ごたえがある。ハリファックスのノバスコシア美術館にモードの足跡が残されている。
7「空海—KUKAI−美しき王妃の謎」2.jpg

空海 KU―KAI 美しき王妃の謎

 チェン・カイコー=陳凱歌監督の新作『空海 KU―KAI 美しき王妃の謎』は壮大なスピリチュアル・ファンタジー。玄宗皇帝(685-762)の時代、むろん楊貴妃(719-756)との愛が描かれる。主要な登場人物は空海(774-835))白楽天=居易(772-846))阿倍仲麻呂(698-770))李白(701-762)。原作は夢枕獏。白居易が玄宗と楊貴妃を詠んだ詩《長恨歌》が土台になっている。
 楊貴妃の美しさは<天性麗質難自棄><回眸一笑百媚媚>と白楽天が《長恨歌》に詠みあげた。玄宗の後宮には三千人の美女がいたにもかかわらず、皇帝の寵愛を一身に集めた楊貴妃。皇帝は政治を忘れ楊貴妃の縁者を高位に置いたため、ついに安史の乱(755-763)を招き、反乱の兵をなだめるため楊貴妃を死に至らしめる。
 映画は二人にまつわる愛の顛末を詠んだ長詩《長恨歌》にほぼ沿っている。日本から遣唐使として渡った空海と白楽天が、まるでシャーロック・ホームズとワトソンのように寄り添いながら、《長恨歌》に描かれたエピソードをたぐってゆく。2016年7月に始まった撮影。セットに組まれた長安の風景や、多い時のエキストラは1000人という群衆シーンは見事。CGによる猫の扱いも面白く、チェン・カイコー監督が培った映像術を楽しんでいるようだ。空海を染谷将太、白楽天に中国からホアン・シュアン(黄軒)、楊貴妃はチャン・ロンロン(張榕容)、阿倍仲麻呂に阿部寛、ほかに火野正平、松坂慶子らで日中共同製作。日時的に辻褄が合わない部分は見逃そう。
8「馬を放つ」.jpg

馬を放つ

 『馬を放つ』はアクタン・アリム・クバト監督によるキルギス作品。中国とタジキスタン、ウズベキスタン、カザフスタンに囲まれ、遊牧の民、約600万人が暮らす国。冷蔵庫や携帯はもちろんあるし、TOYOTAの車も走っているが、牧歌的で清新な風が吹き抜ける。情報過多の国とは比べものにならない、狭い人間関係と見えるが人心は朴訥。馬と音楽の守護聖者のカムバルアタが創造した馬は人の言葉を話すという。物語の深奥に潜むこの伝説が主人公ケンタウロスの言動を理解するカギになる。アクタン・アリム・クバトが、ひとりで監督・脚本・主演をこなしている。
2シネマトーク「シェイプ・オブ・ウォーター」.jpg

シェイプ・オブ・ウォーター

シネマトーク「シェイプ・オブ・ウォーター」のヒントになったGill Man.jpg

シェイプ・オブ・ウォーターのヒントになったGill Man

 5日(アメリカ時間3月4日)に授賞式が行われた第90回アカデミー賞は、作品賞と監督賞に、公開中のギレルモ・デル・トロ監督『シェイプ・オブ・ウォーター』を選んだ。Shapeには人の姿をした怪物という意味があるように、今作は水陸に両性する生き物の物語である。ギレルモ・デル・トロ監督は1993年のデビュー作、メキシコ映画のホラー『クロノス』以来、『ヘルボーイ』(2004)『パシフィック・リム』(2013)などホラーや怪獣ものを主題にした作品が多い。これまでにも“半魚人”を登場させており、監督の言葉によると子どもの頃に見た1954年の黒白3D作品『大アマゾンの半魚人=CREATURE FRON THE BLACK LAGOON』(1954)の影響だという。
 今回のヒロインはエルサ。孤児で首に傷痕があり、耳は聞こえるが言葉は手話でしか交わせない。劇場の上で暮らし、政府の最高機密機関で掃除婦をしている。友人は同じ仕事場で働くゼルダ(オクタビア・スペンサー)。米ソ冷戦の時代で、1955年に始まった宇宙競争ではソ連がスプートニク1号の成功の後、1961年4月にはユリー・ガガーリンが宇宙に飛び出していた。同じころ、南米の川から連行されたのがダグ・ジョーンズ扮する両性の生き物。機密機関の水の中に幽閉されているのにエルサが気付き、自宅に連れ帰りバスタブに塩水を満たして移す。さらに海へ返そうと移送するのだが…。
 究極の愛の物語である。53歳になったメキシコ出身の監督。その稀な才能と際立った感性、そして豊かな映像技術が一体となっている。エルサを演じるのはサリー・ホーキンス。ジンジャー・ロジャースばりの踊りや、バスタブの中で自慰行為を繰り返す孤独な女を演じている。音楽も豊かで、1940年代に人気のブラジル出身の歌手カルメン・ミランダが歌う「Chica Chica Boom Chic」やカトリーナ・バレンテのラテン曲「Ba ba lu」そして1941年のアカデミー歌曲賞「You’ll never know」が愛をうたい上げている。
 他に選ばれたのは主演男優賞に『ウインストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』のゲイリー・オールドマン、女優賞は『スリー・ビルボード』のフランシス・マクドーマンド。撮影賞『ブレードランナー2049』、編集賞『ダンケルク』、長編アニメ賞『リメンバー・ミー』、外国語映画賞はチリの『ナチュラル・ウーマン』。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

中高年の「元気が出るページ」3月号                        ①うにのおうちごはん歳時記第18回 春の彼岸 山田うに              ②安曇野発 信州都市めぐり(9) 小諸市 加藤雅博                 ③第194回シネマトーク【天幕で見せた地上最大のショー】 西島雄造  [編集]

安曇野発 信州都市めぐり⑨

小 諸 市 


加藤 雅博

 
 昭和56年(1981)の「五六豪雪」以来37年ぶりに豪雪に見舞われた北陸方面の被害をよそに、2月に入った安曇野地方はエアポケットに入り込んだように、雪の被害はほとんどなく2月も中旬過ぎまで平穏に推移しています。一度除雪車が走っただけで自宅周辺の雪掻きも一回のみ。老体には何ともラッキーなシーズンになっています。ただ、雪が少ない分、厳しい寒さが残っていて、春の訪れは遅くなりそうな気配です。
 1.jpg

小諸市位置図
 
2.jpg

小諸市役所と市章

 雪が少ないうちに遠出を済ませておこうと9つ目の都市の取材にでかけてきました。今回は東信地区の小諸市。安曇野からは長野道に乗り、更埴ジャンクションで関越道に入り、小諸ICで降りるルートが一般的ですが、長野市方面まで大きく迂回するのがもったいないので、一般道で向かいます。時間的にも1時間半ちょっとで到着します。
 
kmr 0018.jpg

市内から眺めることができる浅間山

 雄大な浅間山の南斜面、標高680メートル一帯に広がる小諸市は、市の中央部を千曲川が流れる高原都市。実は5年前に一度訪れています。
 
 小諸の歴史は古く、数多くの縄文・弥生時代の遺跡が発掘されています。近世になると官道に駅馬、伝馬制が設けられ、人馬の往来で集落が形成され、中山道、北国街道、甲州街道の交わる交通の要所で牧野氏の城下町、商業都市として栄えてきました。さらに明治時代に入ると、文化の振興にも力を入れ、多くの文化人との交流がありました。
 
 昭和29年(1954)に、北佐久郡小諸町、三岡村、南大井村、北大井村、大里村、川辺村の1町5村の合併で市制を施行し、その後周辺地区を編入昭和34年以降現在に至っています。面積は98.5平方キロで県内19都市の中で、岡谷市の次に狭く、人口は今年1月1日現在42,641人(男20,853人、女21,788人、18,612世帯)。19都市中15位。平成12年の46,000人をピークに漸減傾向が続いています。
3.jpg
 
小諸城「懐古園」

 小諸といえば「懐古園」、そして島崎藤村と瞬く間に結びつく連想ゲームのような関係です。小諸城の起こりは、長享元年(1487)。創始者は平家物語にも登場する「小室太郎光兼」という木曽義仲の武将です。小室氏は衰退、戦国時代、秀吉の天下統一を経て現在に残る基本の小諸城が完成します。その後は城主が徳川・松平氏など六氏に変わり、最後に牧野氏が継いで版籍奉還までの170年間を10代にわたって居城としました。明治4(1872)年の廃藩置県で城としての役割を終え、神社を祀って「懐古園」と名付けられました。
 
 木曽街道の妻籠と馬篭の2つの宿場がルーツの藤村と小諸は一見、結びつきが強そうですが、藤村が小諸で過ごすことになったのは偶然のことのようです。しかし、小諸滞在がその後の藤村の作品や生き方に大きな影響を及ぼすことになったのですから、人生というのは不思議としかいえません。明治32(1899)年、藤村はかつて学んだ明治学院時代の恩師木村熊二に招かれます。小諸の私塾で英語と国語の教師になり、同じ年函館出身の冬子と結婚。以後6年半住むことになります。
 
 文壇に登場したとはいえ、安定した生活とはほど遠かったころ、恩師の木村からの誘いは心強かったに違いありません。小諸で藤村は次々に3人の女児に恵まれ、浅間山や千曲川に囲まれた自然環境に接するうちに自然や生活への視点も持ち始めています。「小諸なる古城のほとり…」の『千曲川旅情の歌』をはじめ、写生文『千曲川のスケッチ』を書き始め、詩作から次第に散文に転向。『旧主人』『藁草履』などの優れた短編を残しています。また、自然主義小説の嚆矢と称せられる記念すべき長編『破戒』を書き始めたのもこの時期でした。
 
 明治39(1906)年、心機一転『破戒』の出版を図るため上京。『破戒』は自費出版してすぐに売り切れ、文壇から称賛されます。しかし、3人の娘と妻を次々に失う波瀾万丈の人生を送り話題作も発表。晩年は日本ペンクラブを結成して初代会長に就任するなど文壇に確固とした業績を残し昭和18(1943)年71歳で死去します。
kmr 0004.jpg

藤村記念館 

kmr 0005.jpg

記念館前にある藤村レリーフ

 藤村の転機となった小諸時代を再現した「藤村記念館」が懐古園の一角にあります。小諸義塾関係者などが組織する「藤村会」と小諸町(当時)が藤村の遺墨、遺品、関係資料を収集し、昭和32(1957)年竣工した記念館です。城址としての景観にマッチする高雅で簡素なたたずまいを見せ、懐古園の貌となっています。藤村を偲ぶ絶好の記念館です。
kmr 0008 .jpg

藤村も利用した一膳飯屋
  
kmr 0009.jpg

藤村一家が使っていた井戸
 
kmr 0010.jpg

藤村の通勤路にある酒蔵

 市内には藤村ゆかりの建物、土地があります。「藤村旧栖地(きゅうせいち)」は碑だけ残され、建物は佐久に移築されていますが、そのすぐ近くには井戸が残されています。一家が6年半毎朝世話になり、隣人たちと交流があった場所です。日常生活の一端を垣間見る痕跡です。藤村が毎日通った馬場裏通りには、老舗の「大塚酒造」の酒蔵があります。また、小諸駅近くにある一膳飯屋「揚羽屋」の店舗だけが残されています。決して裕福だったとはいえない藤村が、束の間の空腹を満たしたであろう飯屋の雰囲気が伝わってきます。
kmr 0006.jpg 

「千曲川旅情の歌」の詩碑
 
kmr 0007  .jpg

藤村ゆかりの宿「中棚荘」
 

 藤村が「千曲川旅情の歌」を執筆したゆかりの宿が市内古城区、中棚鉱泉(現・中棚荘)。創業が明治31年(1898年)118年目を迎える老舗の旅館で、前回訪問した際に利用しましたが風情が漂う宿でした。藤村の作品群などミニ文学館の趣がありました。建物内の大正館の藤村の間は、大正時代に藤村執筆の部屋をそのまま保存復元したもの。小諸駅から徒歩で10分ほどの至近距離です。
kmr 0011.jpg
 
ほんまち町屋館

 城下町、宿場町とくれば街中の家並や街の表情は断然豊かです。とくに北国街道に沿った町並みは情緒にあふれています。商家、料理屋、お茶所、酒蔵、味噌蔵などなど。「ほんまち町屋館」は旧北国街道沿いにできた地域交流の拠点施設。会議や展示、イベントなど多目的に利用できる施設として整備しました。あわせて、浅間山などの眺望を生かした小公園に休憩施設も併設し、本町の情緒あふれるたたずまいに調和した施設です。
kmr 0012.jpg

イベントの準備の真っ盛り
 
 訪問した時期は、春の一大イベント「お人形さんめぐり」の準備の真っ最中。各店舗を中心に市内の家庭から提供された、飾り機会を逸したひな人形やつるし雛などを展示する催しで、町並みを華やかに彩る雛まつりイベント。期間中は、年代ものの雛人形の展示をはじめ、つるし雛などを作る多彩な体験教室が開かれます。今年で14回目。今回は約100軒の商店が参加しています。3月4日まで開催中です。
kmr 0013.jpg

布引観音境内にある牛の像
 
kmr 0014.jpg

岩山に築かれた観音堂
 
kmr 0015.jpg

15お堂の内部

 小諸の取材を決めた当初から、是非とも行こうと決めていたのは市内のちょっとはずれにある天台宗布引山釈尊寺です。実はこの寺こそ「牛に引かれて善光寺参り」の伝説の舞台となった名刹です。通称「布引観音」は、千曲川のほとりから険しい山道の参道を15分ほどのぼった小高いところにある寺院です。岩山の崖に築かれた観音堂、中にある「宮殿」は鎌倉前期に建造されたもので国の重要文化財。「白山社社殿」は県宝に指定されています。信濃三十三観音霊場の第二十九番札所。
kmr 0016.jpg

寒さで凍結した布引渓谷の滝
 
 寺伝によれば、奈良時代の神亀元年(724年)に行基が開き、聖徳太子が作ったとされる聖観音を祀ったと伝えられている。布引観音周辺の布引渓谷は、「信濃邪馬渓」とも呼ばれる豪快な景観が特徴で、春は桜、秋は紅葉の名所としても知られています。釈尊寺は小諸市街地からは、千曲川をはさんだ向かい側。河岸段丘の上部にあり、天候がよければ観音堂からの浅間山の景観が素晴らしい立地にあります。
 
 伝説は以下のようなものです。
むかしむかし、働き者だが強欲で意地悪な老婆が、千曲川で布をさらしていると、どこからか牛が現れ、その布を角にかけて走り出しました。
 驚いて後を追いかけ、北へ北へと行くと善光寺にたどり着き、さらに牛についてお堂に入ると、御仏の光を仰ぎ見て、老婆は思わずひざまづき手を合わせます。
 牛が観音様の化身であったことを知ると、老婆はすっかり改心し、家に帰ると岩山に観音様をお祀りし、朝夕に拝むようになったということです。
kmr 0017.jpg

老舗の醸造店「酢久商店」
 
kmr 0022.jpg

海応院の潜龍の松

 市内にはこのほかにも由緒ある名刹が数多くありますが、そのうちの二つを。最初は海応院。老舗の醸造ーカー酢久商店(すきゅうしょうてん)老舗の向かいある寺です。真田氏と徳川氏の戦第二次上田合戦ゆかりの地に室町時代末期、1530年ごろに創建された曹洞宗の古刹です。ここは関ヶ原合戦のとき、上田城に籠城する真田氏を攻撃するための徳川秀忠の率いる東軍の宿舎でしたが、その和睦の仲立ちをしたと言われているそうです。境内は広く立派な本堂と樹齢350年を超える松【潜龍(せんりゅう)の松】はとても見事。開花時期とはずれていて見られませんでしたが、固有種コモロスミレでも有名なところといわれています。
 
 慶長5年(1600) 徳川秀忠が関ヶ原に向かう中 徳川秀忠、真田信之と真田昌幸、幸村(との第二次上田合戦で 和睦の仲裁役をしたのが 海応院の住職といわれています。酢久商店の看板は立派なので見学されることお薦めします。
 
 もう一つのお寺が光岳寺です。旧い北国街道の突き当り、足柄門(総門)と楼門(山門)の立派なことに目を見張らされます。浄土宗の寺ですが、門は小諸城から移築したものです。徳川家康の生母である【於大の方】の菩提寺の一つでもあり、小諸城主・松平憲良が建立(1624)、その後 小諸城主・牧野氏の菩提寺(泰安寺)との合併 などの経緯があり、歴史が感じられます。
kmr 0019.jpg

旧小諸本陣(現在修復中)

kmr 0020.jpg

小諸城の大手門
 
kmr 0021.jpg

北国街道の町並み
 
kmr 0023.jpg

光岳寺の3つの家紋
 
 その歴史を物語るのが本堂の屋根に記された家紋です。 [徳川][松平][牧野]それぞれの家紋があります。お寺の見学にあわせ、この界隈の散策をするのもいいかもしれません。小諸駅を中心に小諸宿本陣主屋、国の重文、旧小諸本陣問屋、旧脇本陣、大手門、藤村プロムナードなどが楽しめます。
kmr 0024.jpg

小諸ワイナリー
 
 市内見学が一段落したら、宿に向かう前の左党派にお薦めなのが、マンズワイン小諸ワイナリー見学。小諸は長野県が推進するワイン造り拠点の一つ。市内から数分の至近距離です。工場見学に加え、試飲は自分で好きなものを注げるスタイル、コーナーにはその人に合わせておすすめなワインもだしてくれ、いうことなしです。ビンテージから普段のみのワインまで、ワイン好きにはたまらない店です。
 
 藤村の師、木村熊二が開校した私塾「小諸義塾」の足跡をたどったり、子規に兄事した、高浜虚子が第二次大戦中に疎開して仮住まいした居宅跡など知的好奇心を刺激するテーマには事欠きません。

 
□■□■□■□■□■□■□■□■
 安曇野 無頼庵
  加藤 雅博
■□■□■□■□■□■□■□■□

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -